アウトソーシング化できる業務は全てアウトソーシングに賢く任せる。

これが新時代のコスト削減の方法なのでしょうか。

 

顧客数×顧客単価×成約率=売上

 

という式はビジネスの基本中の基本ですが、

アウトソーシングの際には、この項目の2個を伸ばしてくれる会社を選びたいものですね。

よくある悪徳営業アウトソーシング業者の例で、

質の悪いアポを大量にとってきて成約率が落ちるという現象があります。

 

掛け算の片方を伸ばしても、もう片方をゼロに近づけては意味がありません。

そんなアウトソーシング会社に金を払うのは勿体無いことです。

 

 

営業代行・アウトソーシングは実績で選びましょう。

 

例えばこんな会社、いかがですか?

→株式会社イマクリエ

 

 

 

以下wiki

アウトソーシングアウトソーシング(outsourcing)とは、外注(がいちゅう)、外製(がいせい)ともいい、企業や行政の業務のうち専門的なものについて、それをより得意とする外部の企業等に委託すること。対義語は「内製」。国立国語研究所の「「外来語」言い換え提案」では「外部委託」と言い換えるように提案されている。
アウトソーシングを委託する側は自社の中心業務に集中し、それ以外の業務や外部活用をしたほうが効率的であったり、専門的であるものをアウトソーシングするのが有効である。Out=外部 Sourcing=資源活用と訳され、外部資源の有効活用とするのがその本質を表現するにふさわしい。多方面にわたる専門的人材育成から解放されることなどにより業務の効率化がはかられる。

引用元 : Wikipedia『アウトソーシング』