重要なのはマーケティング
マーケティングの目的は、セールスの必要をなくすことだ」というマネジメント研究の第一人者であるピーター・ドラッカーの考えを紹介した上で、「トップ営業マンというのは単にものを売ろうとはしていません。顧客との関係づくりがうまく、人の話をよく聞き、とてもよく勉強し、自分の仕事によって顧客にどんな価値を提供できるかということを、とても大事にしながら仕事をしています」と語る(特集記事『優れたマーケティングは営業の必要をなくす』)。 また、海外の多くのビジネススクールにもマーケティングのコースはあるが、営業のコースはほとんどない。コトラー教授のいるノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院は例外的に営業と営業マネジメントのコースがあるのだという。