営業という言葉は業を営むと書きます。業とは、ビジネスで言い換えると企業経営そのもの。営業職の仕事は、経営の根幹である、顧客開拓・利益創出を担う大切な職種であると言えると思います。

営業職が不人気に、人材確保はますます困難な時代へ

営業職が、「不人気」に陥っているようです。
当社で主催したイベント来場者(就職希望者)に「営業職のイメージ」に関してアンケートをとったところ、
『いらないものを売りつける仕事』
『目標、ノルマに追われて上司に怒られる仕事』
『アタッッシュケース片手に、ハンカチで汗を拭き、頭をペコペコ下げている仕事』
と言った回答が集まりました。
営業マンの実際の業務がこのようなものであれば、私自身もこんな仕事に就きたくありません。

こんな現状が広がってしまうと、企業はますます優秀な人材を営業マンとして確保しづらくなるでしょうし、営業代行・マーケティングサービスを提供するイマクリエ自体も「採用難」という課題を抱えてしまいます。

この現状を少しでも打破するため、営業マンの役割について「正しい情報」を発信していきたいと思います。一人でも多くの方に、営業職のイメージを考えなおしていただき、優秀な人材が営業職に憧れるような流れを作っていければと思います。

営業職の役割(本質)

営業とは本来
『誰かの相談にのってその悩みを解決してあげる仕事』
です。

お客様の悩みを解決する手段として自社のサービスを提案することができれば、おのずとお客様に『買いたい気持ち』が芽生えます。営業とは『売る仕事』ではありません。お客様の悩みを解決することが、営業職の役割なのです。

私が知っているトップ営業マンは、愛情が深く、義理人情に厚い人が多いです。おそらく、お客様の悩みに寄り添って解決し続けているから、そのような印象を発揮できるのだと思います。

買うかどうかは、自分で決めている

情報化社会と呼ばれて久しい現代において、お客様は営業マンから“押し売り”されたものを購入しなくなる傾向はこれからも広がり続けます。自分に必要な商材をインターネットで検索し比較検討できる今、営業マンが勧めてくる商品に必要を感じなければ、説得しても見向きもしてもらえません。営業マンの人間性が優れていても、お客様の問題と異なる論点で商品を勧めてしまっては、信頼されることもないでしょう。

繰り返しになりますが、営業マンに求められるのは「お客様の悩みをお聞きし、解決する方法を提案すること」です。買うかどうか、自分で決めているお客様を前にした時、お客様が知りたいことは「商品を購入することで自分の問題を解決できるかどうか」なのです。

営業職は価値ある仕事だと思う

押し売りする人に価値を見出すことは難しいですが、お客様の悩みを聞き出し解決できる人材は貴重だし、世の中が変化したとしても必要とされると思います。現代のような情報があふれる時代では、お客様が情報の多さで悩んでしまうこともあるでしょうから、悩み解決を主題にしたアプローチはますます重要度が増えるはずです。

『誰かの相談にのってその悩みを解決してあげる仕事』を営業職の役割と考え、「人の役に立ちたい」「誰かの悩みを解決してあげたい」と考えている人材に営業職の素晴らしさをこれからも発信していきたいと思います。