営業代行 比較なら営業代行.com。営業代行・販売代行会社の比較や、営業ノウハウを定期的に配信。テレアポ・テレマーケティングノウハウも暴露!

営業代行の今

  • HOME
  • » 営業代行の今

営業代行のマーケットってどうなの?

日本の営業代行マーケットの現状
近年、営業代行会社は急激に急増し、「営業代行」 というキーワードをよく目にする機会が増えました。
従って営業代行のマーケットはここ2~3年で急速に加熱し、様々な形態の営業代行会社が 新規参入してきたのも事実です。
おそらくは大半の企業は1度や2度は営業代行会社からの事業説明を受けているのではと察します。
営業代行会社が増えたということは、マーケットで激しい競争が起きているかと言うと、
実は想像するほどの激しい競争は起きていないのが現状です。
しかし、営業代行そのものの価値が非常に 下がったのではといった意見もあります。
なぜならば、極めてクオリティの低い営業代行会社も急激に増えたからです。
その結果、大きな失敗を被った企業も数多くあります。
しかし数多くの 営業代行会社が力強い営業力を駆使し、マーケットの急拡大に至り、
結果として需要を喚起するする起爆剤となりました。
一方で地方でも営業代行会社は増えていますが首都圏ほど加熱していないのが 現状です。

今後の動向

今まさに急激に拡大したマーケットと急増した新規参入業者により、営業代行サービスは過熱ムードにありますが、
その背景には、企業は 「一刻も早く」 「実利」 につながる施策を選ばざるを得ないという状況があります。
つまり、企業の大きな課題は、「不要なコストは徹底的に削減する」 「投資は必ず利益につなげる」 の2つだと考えられます。
それは過剰な人材採用を控え、3年後の売上ではなく短期の売上をどうやってあげていくべきなのか?
という点を最重要視しているというのが中小企業の現状ではないでしょうか。
従って、営業代行業は非常にニーズが高まりつつあり、マーケットは淘汰と再編を急速に進ませながらも2極化していく傾向にあるようです。
営業代行のビジネスモデルそのものが人的リソースを基盤とするものである以上、
優秀な人材を確保できない企業は淘汰されると言えるでしょう。
営業代行マーケットの2極化により、発注したけど倒産した、発注したけどなにも成果が上がらないという声の一方、
非常に業績が上がった、組織が変わったという声や長期に渡り商品開発、ビジネスモデルの再構築まで一緒にしているという企業が
あるのも事実です。

終わりに

営業代行マーケットとは、少し前のWEB制作マーケット、システム制作マーケット等と似たような状況であり、
よい会社も悪い会社も玉石混合のマーケットといえるでしょう。よい会社はしっかりと顧客満足を得て、着実に成長しており、
そうでない会社は顧客に見放され淘汰されていっているのが現状です。
しかし我々のように発注する側からすると初めての発注で失敗し投資対効果を得られないのは苦しいものがあります。
どこと付き合えば長い付き合いができるのか?お互いにWINWINになれるのか慎重に見比べた方がよいと言えるようです。

売上アップ・利益率アップ、営業原価削減、新規事業をご検討中ですか?

営業代行・新規事業スタートアップを得意とするマーケティング精鋭集団に相談してみませんか?
  • 獲得率の高いテレマーケティング・テレアポ
  • コールセンター業務の受託
  • 数多くの新規事業設立・支援経験
  • 営業・集客のスペシャリスト集団
実績ある営業の精鋭集団を集めました。得意分野で分業、いかがでしょうか。 営業代行会社ランキング

お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • twitter