新規事業を効率的に行うには。

 

新規事業を行う際には、大変な労力と時間がかかります。

新規事業の仕組み化さえ作ってしまって、アウトソース化してしまうことによって

比較的負担を減らすことが可能です。

 

具体的には、

新規商材を扱うとして、

お客を取るフロー、粗利の確保、全体の仕組みを作ってしまえば

あとは営業の部分や在庫管理の部分等をアウトソーシングを利用します。

こうすることで、

社内で行う場合と比較して営業マンや事務といったリソースの削減が可能になるというわけです。

 

 

アウトソーシングを考えられるシーンは

  • 在庫管理
  • テレアポ
  • 営業
  • 事務作業

上記のようなシーンでしょう。

比較して単純作業、細分化できる業務が多くなります。

 

 

 

本日のオススメ書籍