アウトソーシングの罠

私の持論として、

 

「拡大」が1つのキーワードになると確信しています。

 

「アウトソーシング」は、本来コスト削減よりも拡大のためにあるべきであり、

自社で完結できること、自社のリソースで出来ることは極力アウトソーシングすべきではないということです。

 

 

コスト削減の為にアウトソーシングしていたハズが、計算してみると自社で出来た、

費用が増大して会社財政を圧迫していた、

というケースを何度か見てきました。

 

打ち合わせまでして、

お金と時間をかけてやっているのに、

アウトソーシングが逆効果を生んでいたのです。

本末転倒。

成果が出ないのにアウトソーシング業者にお金を払い続けるという悪循環です。
 

各種商品やサービスの販売の代行を行うプロの営業代行こそ

アウトソーシングのあるべき姿なのではないかと。

 

つまり、

いい商品は持ってるけど

営業力がない、営業リソースが足りなくて面白くない。

売れない、助けて欲しい。

 

 

そんな会社がアウトソーシングとして販売の代行を頼むべきです。

 

削減ではなく拡大、「プラス+」が営業アウトソーシングのキーワードではないでしょうか。

 

依頼する際は、販売力の強い企業に依頼しましょう。

以下で確認可能です。

 

 

→アウトソーシング・営業代行ランキングはこちら←